【ロボアドバイザー】ウェルスナビの成績が右肩上がりで安定している…のか?(2019年8月)

 

半年ぶりのWealthNaviの成績公開です。

前回の成績公開は2019年2月でした。そこから米中貿易摩擦,参議院選,ダウの今年最大の値下がりなどを経て、日経は上下に変動を繰り返しています。幸か不幸か昨年2018年秋ほどの下げは今の所は発生しておりません。

このような環境の中、月1万円ずつ積み立てているロボアドバイザー WealthNaviの成績はどうなったのか!?

ーーー

過去成績はページ下から、タグ「WealthNavi」をご参照ください。

ウェルスナビ成績

2019年8月20日時点での成績です。

今年に入ってからの安定感が凄い(語彙力)

 

昨年までのフラフラした挙動は一体どこへやら、ドルベースで右肩上がりで安定しています。(※日本円ベースの場合、為替変動の影響でドルベースのように直線上昇はしておりませんが、プラス圏で推移しています。)

円ベースで +5.22%、ドルベースで +7.97%です(為替レート $1 = \106.50)。

私はリスク許容度1/5を選択しており、ポートフォリオで大きなウェイトを占める米国債券(AGG)と物価連動債(TIP)が安定したパフォーマンスを出しています。

次に大きなウェイトを占める米国株(VTI)は、7月末から不調気味ですが、今のところはプラス。

日欧株(VEA)、新興国株(AGG)は相変わらずマイナス、、。割合が小さいため、全体への影響は少ないのが救い。

 

リスク許容度1/5のポートフォリオ

ポートフォリオのリバランスは久しく行われていません。米国債券(AGG)物価連動債(TIP)をメインに、コツコツ積立が継続している様子。

手数料の高さを気にしつつも、余剰資金でコツコツ推移を見守っていきます。

ウェルスナビ口座開設申込[PR]

他のリスク許容度の場合はどうなっているのでしょう。

私が5に設定していたときは、米国株(VTI)をメインに運用していました。もし大きくリバランスしていないのなら、米中貿易摩擦の影響をもろに受けていそうですが、、